高学年パラスポーツ体験・フライングディスクアキュラシー

2018.10.22 08:54:50

大阪府の外郭団体ファインプラザ大阪運営事業共同体から講師をお招きして、フライングディスクアキュラシーという障がい者スポーツ(パラスポーツ)を、5・6年生が体験しました。フライングディスクとはプラスチック製の円形をしたお皿のようなディスクを目標に向かって回転をかけながら投げるスポーツです。そのフライグディスク競技種目の一つで、5m離れたところに立てた、直系1mほどの輪の内側にフライングディスクを投げて通すというアキュラシー競技を体験しました。

 

 

この競技は、障がい者だけでなく、すべての人が楽しめるスポーツですが、視覚障がいを持つ方だけは、介助者が目標の真後ろでホイッスルなどの音で方向を示すという手助けが必要なことも体験しました。