2021.11.30 校内音楽会②

2021.11.30 15:01:13

       

【3年生】

合唱『語りかけよう』合奏『汽車に乗って』

「見つめあおう 語り合おう~♪」ソプラノ、アルトに分かれての合唱。

10数名の歌声とは思えないくらい、大きな声で歌うことができました。

    

【4年生】

合唱『ビリーブ』合奏『少年時代』

「世界中の やさしさで この地球を つつみたい~♪」

4年生の優しい歌声が心に響きました。

     

【5年生】

合唱『燃える涙』合奏『地上の星』

「喜びと哀しみ 背中合わせ~♪」

ひとつひとつの歌詞をていねいに歌うことができました。

聴いていて胸が熱くなりました。   

     

【6年生】

合唱『変わらないもの』合奏『ミッションインポッシブル』

「君と出会った幸せを かみしめながら 歩いて行こう~♪」

 初めのころ、なかなか出なかった歌声が、練習を重ね、徐々に大きく、そして、きれいに出せるようになりました。

 さすが、最高学年。合奏曲をイメージした衣装も、とても、かっこよかったです。

 

 学級担任をしているとき、行事の中でも、とくに音楽会が大好きでした。

 合奏の練習では、最初、それぞれのパートを個々で練習します。そして、一人一人が演奏できるようになってくると、何小節かずつみんなで合わせていくのですが、なかなか音がそろわず、戸惑ったり、焦ったり、ときには悔し涙をながすことも…。それでも、休み時間や放課後の時間も利用し何度も何度も練習を重ねるうちに、友だちの音やテンポ、指揮者の動きを意識するようになり、ひとつのきれいなハーモニーに…。初めて曲が最後まで通せたとき、子どもたちはとてもいい表情を見せてくれます。(先日、6年生は自然と拍手がわき起こりました。)「もっと速いテンポで演奏できるかも…」や「こんな風に工夫して…」などの意欲がわき、クラスに一体感がうまれます。

 音楽は、見たり触れたりすることはできませんが、子どもたちの心に温かさを育むことができるのではないかと思います。今回の音楽会での子どもたちの様子を見て、音楽の楽しさ、また、音楽の持つ力を改めて感じることができました。